ネパールとは?

 

エベレストやチトワン国立公園、大きなブッダアイが印象的な世界遺産「ボダナート」や「カトマンズの渓谷」など、仏教にゆかりの深い国ネパールですが、正式な国名は「ネパール連邦民主共和国」です。


現在日本からネパールへの直行便は就航されていませんが、乗換えを含めて最短で11時間ちょっとで行くことができます。

国の広さは日本の本州以外を全て足したくらいの大きさで、日本とは1956年に正式な国交が結ばれる以前から、仏教を通して交流が深く親日国家としても知られています。

宗教はヒンディ教が8割、残りは仏教とキリスト教などが信仰されており、気候は大きく雨季と乾季に分けられます。ネパールはその立地からインドや中国、チベットの食にも大きな影響を受けています。

日常的にお米を食べ、香辛料のきつすぎないネパール料理の味付けは日本人の口にもよく合います。

最近では大活躍中のブルゾンちえみさんが、元彼が全員ネパール人だったという話をTV番組でカミングアウトされ話題になりましたね。バイト先にネパール人の方が多く、モテモテだったそうです。

ネパールフェスティバルとは?

 

今年で第10回を迎える「ネパールフェスティバル」。

イベントを通してネパールの色や文化と交流してもらうことを目的に、毎年開催されています。

何とその規模は、日本で行われるネパールのイベントの中では最大級です。

フェスティバル中は、様々なお店やイベントが企画されています。

本格的なネパール料理を食べられるお店はもちろんの事、ネパールの世界遺産や旅行の紹介、ネパール舞踊や、民族衣装のファッションショー、ネパール楽器の生演奏などが催されます。

さらにネパールの雑貨なども販売されるので、日本に居ながらネパールを旅行している気分に浸れますよ。

ネパールフェスティバル2017概要

名称 ネパールフェスティバル 2017
日程  2017年8月26日(土)〜8月27日(日)時間 10:00〜19:00場所
時間  10:00~19:00
場所  上野恩賜公園
アクセス  ・JR山手線「上野駅」公園口より徒歩4分
・東京メトロ鉄銀座線「上野駅」徒歩2分
・京成線「京成上野駅」下車 徒歩1分
料金  入場料金 : 無料
主催  ネパールフェスティバル実行委員会
URL  http://www.nepalfestivaljapan.com/ja/googlemap

googlemap

周辺パーキング

最寄駅からのアクセスも非常に良好なネパールフェスティバルですが、車で来場の際も周辺に駐車場があるので大変便利です。

以下に周辺のパーキングについてまとめました。

上野恩賜公園第一駐車場 ・住所/東京都台東区上野公園6

・営業時間/9:00-21:30(入庫は19:30まで)

・料金/1時間¥400以降30分毎¥200

タイムズ上野駅公園口 ・住所/東京都台東区上野7-1

・営業時間/全日

・料金/平日07:00-22:00 30分¥300
22:00-07:00 60分¥100                          (平日は一日の最大料金¥2400)
土日祝 07:00-22:00 60分¥600
22:00-07:00 60分¥100

コインパーク上野 ・住所/東京都文京区湯島3丁目39-5

・営業時間/全日

・料金/月~土 24時間20分毎¥500                  (最大料金 : 3時間以内¥3500/22:00~8:00¥1700)
日祝 24時間30分毎¥500                    (最大料金 : 12時間以内¥3500/22:00~8:00¥1700)

いかがでしたか?

日本で催されるネパールのイベントでは最大級の「ネパールフェスティバル2017」。

かなりの盛り上がりが期待出来そうですね。

ネパールフェスに行けば、ネパールを旅行している気分を味わえること間違いなしです。

是非足を運んでみて下さい!

おすすめ記事